どんな種類がある?「見えない矯正」

見えない矯正についてご紹介します。裏側矯正、マウスピース矯正、ホワイトワイヤー・クリアブラケット矯正についてのそれぞれのメリット・デメリットを詳しく解説します。

矯正治療の
メリット・デメリットを比較

治療法 メリット デメリット
裏側矯正 ・口を開けても見えない
・早い段階で歯並びが奇麗に見える
・虫歯になりにくい
・人前での食事のストレスが少ない
・ほとんどの不正歯列に対応
・費用が高め
・舌の違和感
・発音しにくい
マウスピース
矯正
・目立ちにくい
・歯磨きがしやすい
・食事のときに装置を外せる
・金属アレルギーでも問題ない
・長い時間装着する必要がある
・紛失する恐れがある
・不向きな歯列がある
・割れる可能性がある
見えない
ワイヤー矯正
・費用が安い
・ほとんどの不正歯列に対応
・他に比べると目立つ
・痛みを感じやすい
・口内炎や傷が出来やすい
・唇や頬の内側に違和感を感じやすい

裏側矯正とは、歯の裏側に矯正装置を付ける矯正治療のこと。口を開けても矯正していることが分かりにくいメリットがあります。デメリットとしては、他の治療法に比べて費用が高めな点などがあります。装置は歯の裏側にありますが、ブラケットとワイヤーにより表側の矯正と同等の力で歯を動かします。舌側矯正だからといって治療期間が長くなることはありません。

マウスピース矯正とは、透明なマウスピースを付ける矯正治療のこと。目立たず自由に取り外しができるメリットがあります。
一方長い時間装着しなければいけないなどのデメリットも。治療には不向きな歯列もあるので気をつける必要があります。

マウスピース矯正とは、表側の歯に目立たない色のワイヤーとブラケットを取り付ける矯正治療のこと。比較的安価でコストパフォーマンスが良いというメリットがあります。
しかし他のふたつの矯正方法と比較すると表に付ける分、どうしても見て分かってしまいます。ほとんどの歯列に対応できる最も一般的な矯正治療法です。

装置を着けたまま何年も過ごすの?
そんなの耐えられない!

矯正治療には平均して2~3年ほどの時間がかかります。
その間、装置を意識して上手に笑えない、歯磨きがし辛くて虫歯になりそうなど、不便な点があります。
そんな不便な生活からなるべく早く抜け出すためには、治療期間の短縮が望める方法に対応しているクリニックへ行きましょう。
勝どき・月島エリアで治療期間の短縮が望めるクリニックを紹介しています。
※費用の税率に関しては、各クリニックにご確認ください。

◆歯科矯正治療の費用と期間について
矯正歯科の平均的な費用は80~120万円、期間については平均2〜3年と言われています。
症状やクリニックによって費用・期間ともに変動しますので、一度問い合わせてみることをおすすめします。
◆副作用について
矯正中は虫歯や歯周病、装置の接触による口内炎などにかかりやすくなる可能性があります。
また、金属の装置による金属アレルギーなどの恐れもありますので、不安な点についてはクリニックへご相談ください。